氣ARTKi-Art

氣は活動する場所や環境に関連します。
氣には陰陽があり、常にバランスをとっています。
陽の氣は暖かく、おおらかでリラックスできます。
陰の氣は冷やかで、凝縮し、緊張感があります。
物事を進めるには良い結果を求めて挑みます。
楽観的になるためには陽の氣が必要となり、
また、綿密な計画と様々な対応、
冷静な判断には陰の氣が必要となります。

『氣ART』は氣を巡らせ、活動エネルギーを最大限に発揮し、
助長することを目的としたアブストラクト・アートです。

氣ARTの定義Definition

『氣ART』は陰陽五行学説に基づいて、氣の調整をします。
陰陽五行学説とは古代の哲学理論であり、
自然現象の長期的観察を通じて導き出した、自然界の法則に基づいて形成された概念です。

陰陽五行学説とは、陰陽と五行の概念によって解釈するものです。
陰陽とは太陽に向いている側を陽、背を向けている側を陰とする、極めて素朴なものです。
古代人類が長期にわたって観察した、天地・日月・寒暑・男女・内外といった対立する自然現象から中傷して得た概念に立脚しています。

陰陽学説では、宇宙に存在する全ての事物は陰か陽の属性を持ち、物質性を持つ統一体であり、
陰陽という2つの氣の対立・統一の結果であると考えられています。陰と陽の間には相互依存、相互対立、相互制約、
相互転化の関係があるとみなしています。

五行学説では、宇宙間のすべての事物は木・火・土・金・水という5種類の物質の運動と変化から構成されていると考えています。
五種の物質からなるので「五行」と称し、五行の「相互に生みだし、相互に制約する」という関係を通じて、すべて物質世界の運動と変化を説明しています。
これら五種類の事物は人間の生活にとってなくてはならないものであり、自然界でも最も重要な事物であり、五種類の事物はそれぞれ密接な相互関係で結ばれています。
陰陽五行学説は仏教、儒教、道教、風水などに多大な影響を与え、特に伝統中医学では、生理、病理、診断、治療、薬物などの理論も、陰陽五行学説の影響を受け、これらの内容に関する一連の考え方の基礎になっています。

氣とは

「存続しようとするエネルギー」
「消滅しないようにしているエネルギー」 です。
物質として存在させているもの..人が人であり続け、水が水であり続け、物質が物質であり続けるように消滅を引き止め、存続させるエネルギーが『氣』です。

陰陽五行の相克関係を英語の図で表したイメージ 陰陽五行と氣・臓腑への働きを合わした図

人体において氣は生命の根源であり、氣が常に巡ることによって、全ての生命活動の機能が正常に活動します。氣が滞れば病になります。氣は日々消耗し、心身の疲労やストレスはその消耗を早めてしまいます。老化を遅らせ、延命するには氣の消耗をなるべく抑えることが重要となります。

人が生きていくために必要な活動を支えるエネルギーである氣は、 絶えず体を一定のペースで巡り、体を温めて血液、体液をスムーズに流し、 内臓の正常な活動を維持させています。氣が持っている能力の初歩段階は自己治癒力にあります。 その自己治癒力によって健康な心と身体になることにより、周囲の環境が整い、経済や運の流れが良くなります。

『氣ART』によって氣が充実され、自己治癒力を高め、悩みを解決し、人生を幸福と成功へと導くことができることでしょう。

氣ARTの色

最も理想的な『氣』の状態とは、心が穏やかであること。心が穏やかであれば氣は充満してよく流れます。
『氣』は能動的で絶えず動き続けることが必要なので、滞ることもよくありません。それらを解消するには〝穏やか〟であること。全ての活動や思考は心のバランス、即ち『氣』のバランスを保っていることと言えます。

氣は熱によって活性し寒(冷え)によって凝縮します。氣は活性しすぎると活動過多や感情の怒りなどに現れ、凝縮しすぎると留まり、不安になります。情報過多の現代では熱が高く、熱が高いと氣は緩み、決断力が低下します。色は情志(感情)に作用し、氣にも影響をあたえます。

氣は活動する場所や環境に関連します。
氣には陰陽があり、常にバランスをとっています。
陽の氣は暖かく、おおらかでリラックスできます。
陰の氣は冷やかで、凝縮し、緊張感があります。
物事を進めるには良い結果を求めて挑みます。
楽観的になるためには陽の氣が必要となり、
また、綿密な計画と様々な対応、
冷静な判断には陰の氣が必要となります。

『氣ART』は氣を巡らせ、活動エネルギーを最大限に発揮し、
助長することを目的としたアブストラクト・アートです。

氣ARTの定義Definition

『氣ART』は陰陽五行学説に基づいて、氣の調整をします。
陰陽五行学説とは古代の哲学理論であり、
自然現象の長期的観察を通じて導き出した、自然界の法則に基づいて形成された概念です。

陰陽五行学説とは、陰陽と五行の概念によって解釈するものです。
陰陽とは太陽に向いている側を陽、背を向けている側を陰とする、極めて素朴なものです。
古代人類が長期にわたって観察した、天地・日月・寒暑・男女・内外といった対立する自然現象から中傷して得た概念に立脚しています。

陰陽学説では、宇宙に存在する全ての事物は陰か陽の属性を持ち、物質性を持つ統一体であり、
陰陽という2つの氣の対立・統一の結果であると考えられています。陰と陽の間には相互依存、相互対立、相互制約、
相互転化の関係があるとみなしています。

五行学説では、宇宙間のすべての事物は木・火・土・金・水という5種類の物質の運動と変化から構成されていると考えています。
五種の物質からなるので「五行」と称し、五行の「相互に生みだし、相互に制約する」という関係を通じて、すべて物質世界の運動と変化を説明しています。
これら五種類の事物は人間の生活にとってなくてはならないものであり、自然界でも最も重要な事物であり、五種類の事物はそれぞれ密接な相互関係で結ばれています。
陰陽五行学説は仏教、儒教、道教、風水などに多大な影響を与え、特に伝統中医学では、生理、病理、診断、治療、薬物などの理論も、陰陽五行学説の影響を受け、これらの内容に関する一連の考え方の基礎になっています。

陰陽五行の相克関係を英語の図で表したイメージ

氣とは

「存続しようとするエネルギー」
「消滅しないようにしているエネルギー」 です。
物質として存在させているもの..人が人であり続け、水が水であり続け、物質が物質であり続けるように消滅を引き止め、存続させるエネルギーが『氣』です。

人体において氣は生命の根源であり、氣が常に巡ることによって、全ての生命活動の機能が正常に活動します。氣が滞れば病になります。氣は日々消耗し、心身の疲労やストレスはその消耗を早めてしまいます。老化を遅らせ、延命するには氣の消耗をなるべく抑えることが重要となります。

人が生きていくために必要な活動を支えるエネルギーである氣は、 絶えず体を一定のペースで巡り、体を温めて血液、体液をスムーズに流し、 内臓の正常な活動を維持させています。氣が持っている能力の初歩段階は自己治癒力にあります。 その自己治癒力によって健康な心と身体になることにより、周囲の環境が整い、経済や運の流れが良くなります。

『氣ART』によって氣が充実され、自己治癒力を高め、悩みを解決し、人生を幸福と成功へと導くことができることでしょう。

陰陽五行と氣・臓腑への働きを合わした図

氣ARTの色

最も理想的な『氣』の状態とは、心が穏やかであること。心が穏やかであれば氣は充満してよく流れます。
『氣』は能動的で絶えず動き続けることが必要なので、滞ることもよくありません。それらを解消するには〝穏やか〟であること。全ての活動や思考は心のバランス、即ち『氣』のバランスを保っていることと言えます。

氣は熱によって活性し寒(冷え)によって凝縮します。氣は活性しすぎると活動過多や感情の怒りなどに現れ、凝縮しすぎると留まり、不安になります。情報過多の現代では熱が高く、熱が高いと氣は緩み、決断力が低下します。色は情志(感情)に作用し、氣にも影響をあたえます。